政権に近い有力者を指名 米国の駐中国・駐日本大使

Dr. Satohiro Akimoto with Gaiko

政権に近い有力者を指名 米国の駐中国・駐日本大使

ー外交ー

米国上院外交委員会は十一月三日、ニコラス・バーンズ次期駐中国大使、ラーム・エマニュエル次期駐日本大使の人事を賛成多数で承認した。バイデン大統領はこれまで七八人の大使候補を指名したが、十一月上旬の時点で上院で承認されたのはわずか七人にとどまっている。同時期にオバマ政権は八三人を指名し六四人が承認、トランプ政権は五七人を指名し四〇人が承認されており、バイデン政権の大使指名承認の遅延は顕著だ。

Read more.

(Image source: Website of the Ministry of Foreign Affairs of Japan (https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/gaikou/vol70.html))

2024 Sasakawa USA | Privacy Policy | Sitemap

Custom WordPress Design, Development & Digital Marketing by time4design