台湾有事「6年以内」に現実味 前米軍司令官 習政権の長期化念頭に

ADM Philip Davidson with Nikkei

台湾有事「6年以内」に現実味 前米軍司令官 習政権の長期化念頭に

ー日本経済新聞ー

米インド太平洋軍の司令官を2021年春まで務めたフィリップ・デービッドソン氏は日本経済新聞の取材に応じ、中国が今後6年以内に台湾を侵攻し、力ずくで併合する展開が「一段と現実味を帯びている」と語った。根拠として「2027年に到来しうる習近平(シー・ジンピン)体制の節目」を挙げ、中国の内政事情が動因になるとの認識を示した。

Read more.

2024 Sasakawa USA | Privacy Policy | Sitemap

Custom WordPress Design, Development & Digital Marketing by time4design