ウクライナから考える台湾有事 米の安保専門家は核共有どう考える?

Mr. James Schoff with the Asahi Shimbun
March 11, 2022

ー朝日新聞ー

ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、安倍晋三元首相や日本維新の会から、米国の核兵器を日本国内に配備して共同運用する「ニュークリア・シェアリング(核共有)」の議論を求める声が上がっている。では、当事者の米国は、日本との「核共有」をどう考えているのか。日米の安全保障問題の専門家であるジェームズ・ショフ元米国防総省東アジア政策上級顧問に聞いた。

Read more.

Print Friendly, PDF & Email